着物 手拭いを衿に使う

日本手拭いを衿にできる着物は、綿着物、ウール着物などのふだん着物がよいでしょう。

通常は長襦袢に糸で縫いつけますが、今回は浴衣として販売されていた着物を 足袋と衿でちょっとしたお出掛け着物としました。

tenugui.jpg


手ぬぐいを適当に折り、背中心と少し離れた部分、計3箇所を安全ピンで留める。
クロスする部分は2本のヘアピンで固定


着物も手ぬぐいも木綿で摩擦があるため、全く着崩れませんでした。
濃い着物地なのでヘアピンも表に映りません。

ただし、袖部分は浴衣本体の袖のみしか存在しません。

20070707


タグ:着物 手拭い

『着物 手拭いを衿に使う』のトップへ

『着物初心者のためのリアル入門サイト』のトップへ

posted by 和ジェニー | 発見・体験・豆知識
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。