着物 友禅染めの基礎のキソ

フォーマルの場でよく見られる 着物には友禅(ゆうぜん)染め の技法が使われていることが多いです。
布に描かれる絵画のような美しい様は、多くの工程を経て完成に至ります。

反物に色を置く際、糊置き防染法を使い、境を作り、色のにじみを防いでいます。
「絵師 宮崎友禅斎」の名前から友禅染といわれるようになりました。

代表的なものが

アート京友禅(京都)
金箔や刺繍を施した宮廷文化の流れを汲むきらびやかなデザイン
京友禅を探す・画像を見る

アート加賀友禅(石川)
外側がくっきりで内に向かってぼやける色の置き方
武家文化の影響 写実的柄で虫食いの葉まで描く
加賀五彩(藍、緑、紫、黄土、臙脂)が基調色
加賀友禅を探す・画像を見る


技法も注意してみると、テレビやフォーマルの場で着物姿の方を見かけた時、鑑賞の幅が広がりますね。


タグ:着物 友禅染

『着物 友禅染めの基礎のキソ』のトップへ

『着物初心者のためのリアル入門サイト』のトップへ

posted by 和ジェニー | 基礎知識
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。