着物の袖丈とは

例えば、未婚女性の礼装 振袖の地面に付こうかという袖の長さ、あの縦部分が袖丈。
腕の長さと間違えがちですが、ほぼ同じ意味合いは裄(ゆき)。


厳密には年齢、着物の種類、
また身長から美しく見える丈を割り出し様々な丈があるようですが、

現在、現実には一尺三寸(約49センチ)が主流です。
着物の下に着る長襦袢との関係が深くかかわっています。

着物一枚に専用の長襦袢をつくるのが理想。
しかし袖からちらっと見せる長襦袢のために毎回誂えるのは大変です。

そのためか長襦袢を使い回せるように
洋服のように既に仕立て上がっている状態で販売されている着物は、約49センチ丈が多いです。
標準丈と言ってもいいのではないでしょうか。

もちろん誂えれば好きな丈を指定できますが、私が店舗で採寸してもらった時も特に尋ねられることはなくこの丈にされていました。

譲られた着物やリサイクルショップに置いてある着物は、様々な丈があるので必ずチェックしてください。
手持ちの長襦袢の袖丈と異なっていても、方法はあります。

それについては後日新たなページでご紹介します。


『着物の袖丈とは』のトップへ

『着物初心者のためのリアル入門サイト』のトップへ

posted by 和ジェニー | 基礎知識
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。