着物の補正について

目的は、補正と汗とり
着物の理想体型  寸胴

着物は補正をするのとしないのとでは、かなりの差が出ます。

洋服でナイスバディの方は特に寝間着のようにみられる恐れも。

着慣れた方だと雰囲気も出るのですが、初心者は補正をした方が無難。


補正が出来ているとしわも出にくく着崩れもしにくいのです。
忙しい、面倒くさいとはしょったときは、必ず泣きを見ています。

下準備は侮れません。

外には見せない部分のため、人それぞれの工夫ができ、手持ちのものでまかなうことも可能です。

例えば
肌襦袢と裾よけ→Tシャツとペチコート、スリップ
補正 へこんだ部分→タオル、腹巻きで補正
補正 胸→”さらし”でつぶす
ラインが出にくいショーツ

など。

私の場合は、ガーゼとタオルで補正をしています。



『着物の補正について』のトップへ

『着物初心者のためのリアル入門サイト』のトップへ

posted by 和ジェニー | 選び方>補正
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。