着物 雨コートの選び方

ポリエステル製の反物で自分サイズに誂える。
大島紬などで誂え、撥水加工を施す。
など幾つか方法がありますが、


初心者の方には、
まずは、小さく折りたたんで携帯もできる市販の雨ゴートが値段も優しく便利。

混雑した電車内、埃が舞う日などチリよけとして着ることも可能です。

一部式と二部式から選べます。


位置情報一部式雨コート
わーい(嬉しい顔)メリット 一度で羽織れる着脱が簡単。


がく〜(落胆した顔)注意 丈に十分注意して購入すること。
実際着物を着て最もよくする帯結びをした上で、店舗で見本を羽織らせてもらうか、家でしっかり計測してください。

着物より短いと雨よけの役割を果たさない
長いと地面に擦れて汚れを巻き上げる恐れがあります。


位置情報二部式雨ゴート
上半身と下半身部分が分かれるタイプ



わーい(嬉しい顔)メリット 丈の細かい調節が可能 上半身だけでも軽く羽織れる 一部式より安価
がく〜(落胆した顔)デメリット 歩いていると下半身部分が乱れることがある。
一部式ほど姿がスッキリしない。またなぜか二部式雨ゴートは、渋い色ばかり。


実は、かなり重要なのが

位置情報生地の厚さ

付属の携帯袋に畳んで入れることができるかも確認して下さい。

 


『着物 雨コートの選び方』のトップへ

『着物初心者のためのリアル入門サイト』のトップへ

posted by 和ジェニー | 選び方>雨ゴート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。