着物の格 略礼装

略礼装 ****入卒式 同窓会 お宮参り お見合いの付き添いに
式の格によっては正装でもOK

着物・・・付下げ 色無地 小紋
帯・・・・・袋帯 名古屋帯
コート・・・

色無地で一つ紋付きの羽織
道行コート


着物はプレタ着物でなければ、仕立て上がるのに時間がかかります。(約二週間〜一ヶ月)
早めに準備を始めましょう。 詳細は店にご確認下さい。

(手頃で到着後すぐ着られる仕立て上がり小紋もあります。)

新月付下げとは、小紋より格上で、訪問着より格下の着物。
反物の状態で文様を描く。着用時、全ての文様が上に向く。
柄は訪問着より控えめ。とはいうものの最近は豪華なものもあり、訪問着と付け下げの区別はつきにくい。

新月色無地とは、単色を染めた着物。 地紋が入っていても、色無地。
新月小紋とは、全体に細かい文様を散らした着物。現在では、着物全体にまんべんなく柄の入った着物も含む。(ストライプなども。)

新月袋帯とは、丸帯に次ぐ礼装用帯。礼装用として現代では最も多く使われる。
通常金糸が入って格調高い文様。柄が軽いと袋帯でも少々格は下がり気軽な場でも締められる。(洒落袋帯) 幅は約31センチ。長い帯なので二重太鼓にできる。

新月名古屋帯とは、お太鼓結びの部分を並幅にし、その他の部分を半幅に仕立てた女性用の帯。大正七、八年ころ名古屋から流行したといわれる。
新月道行コートとは、衿が四角い形のコート。


タグ:略礼装 着物

『着物の格 略礼装』のトップへ

『着物初心者のためのリアル入門サイト』のトップへ

posted by 和ジェニー | 着物の格・TPO
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。