しつけ糸はお早めに

situkeito.jpg
画像はしつけ糸がついた状態の長襦袢
(糸が見えにくかったので上からペンでなぞっています。)


着物や長襦袢の周囲に粗く縫いつけられているしつけ糸。
誂えた時、洗いに出した時、プレタ着物購入時も付いています。

しつけ糸が付いた美しい状態の着物を見ると、気分が高揚します。

しかし!しつけ糸は早めに取るべし。

いざ出番の慌ただしい時に、しつけ糸が付いていると抜き去る作業がもどかしい。
モチベーションが下がります。

また、抜かずに放置すると布地を傷めてしまいます。

さすがに着物ではいませんが、しつけ糸を付けたまま長襦袢を着ている方。
袖からしつけ糸が見えますよ。せめてココだけでも取ってください。


ご注意
situke_2.gif
画像は長襦袢

赤い部分の糸は、しつけ糸ではありません。切らないで。

迷った時は切る前に、知識がある方に尋ねましょう。


『しつけ糸はお早めに』のトップへ

『着物初心者のためのリアル入門サイト』のトップへ

posted by 和ジェニー | 発見・体験・豆知識
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。