着付けの様々な方法

着物に触れてから初めて知ったこと眼鏡

お太鼓結びの出来上がりは同じに見えるが、その過程は自由。
帯結びは創作できる。
帯揚げの処理の方法もいくつかある。
二部式着物、二部式長襦袢が存在する。

などなど。

着物はガチガチに決められているかと思っていましたが、固かったのは自分自身の頭だったのです。

演劇一つ例にあげると、
よく見かける、お太鼓結び

着付け途中

帯を結ぶ、
結ばず折り上げる、
器具を使用する、
帯を予め切ってお太鼓の形にしたものを背負う付け帯 etc

経過は異なりますが、出来上がりはどの方法で着付けたのか見分けがつきません。

より美しく着られるよう、着付けは進化しています。


タグ:和服 着物 方法

『着付けの様々な方法』のトップへ

『着物初心者のためのリアル入門サイト』のトップへ

posted by 和ジェニー | 発見・体験・豆知識
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。